わたしは いつも わたしでしょう.

東海三県を中心とした訪問記録や独学ピアノなど 活動の記録です。

rapurim

岐阜県 美術館

ディアスポラ・ナウ! 映像作品がメインの現代美術の展示会

投稿日:2017年12月9日 更新日:

岐阜県美術館にて開催のディアスポラ・ナウ!
古代ギリシャ語に由来するこの言葉。
「まき散らされたもの」を意味し、ユダヤ人の「民族離散」の歴史を表現するようになったとのこと。
現代美術で「故郷」をどう表現するのでしょうか。

サブタイトルは、「故郷をめぐる現代美術」となっています。
開催期間:2017年11月10日(金)-2018年1月8日(月)

ディアスボラ・ナウ!


美術館というと、絵画や彫刻を見るだけというイメージがあるかもしれませんが、現代美術では多種多用な展示物が見られるので私はとても好きです。

今回の展示は絵画や彫刻もあるのですが目につくのは映像作品。

尚、本展示会は、写真を撮影しSNS等にアップがOKとなってしました。


アクラム・アル=ハラビ Akram Al Halabi

チーク/ヴィジュアル・テキスト
Cheek visual text



cheek visual text

不規則に並んだ、単語の羅列。



「チーク」
Cheek



Cheek

無造作に映像に単語が表示されているかと思いきや、
映像の場所とリンクして、単語が表示されているのに気が付きます。

Hair(髪)、Hand(手)、Finger(指)、Ear(耳)・・

作品自体はとても重く、暗い雰囲気が漂います。



ランダ・マッダ randa maddah

ライト・ホライズン
Light Horzon

パッと見ると絵画のように見えますが、映像作品です。
落ち着いた雰囲気で淡々と進む。
哀愁を感じる作品でした。



ラリッサ・サンスール Larissa Sansour

パレスチノウト
Palestinaut



Palestinaut

硬質塩化ビニル樹脂で作られた、宇宙飛行士25点。
出品目録に25点とあったので、数を数えてしまいました。
ちゃんとありました・・当然か。

可愛いですね、この宇宙飛行士。



スペース・エクソダス
A Space Exodus

映像作品で宇宙が舞台です。
エクソダスをなんと訳すべきでしょうか?
外出、出国・・



A Space Exodus

映像のみで、字幕や解説はなかったので正直なにを表現したいのかは感じ取れませんでした。
宇宙は好きなので、雰囲気は好きでした。



ラリッサ・サンスール Larissa Sansour

ゾーレン・リンド Soren Lind

未来では、彼らは最高級磁器で食事していたことになる
未来では、彼らは最高級磁器で食事していたことになる



未来では、彼らは最高級磁器で食事していたことになる



未来では、彼らは最高級磁器で食事していたことになる

28分37秒の映像作品で結構長いです。
こちらは、セリフあり字幕ありなのですが、、意味が理解できないまま終わりました。
レジスタンスとして磁器を利用した年代操作?? 未来へ向けての・・

雰囲気はSF映画そのものです。
他の映像作品は全部見ずに立ち去る人が多かったのですが、この作品は最後まで見ている人がほとんどでした。



ミルナ・バーミア Mirna Bamieh

どの旗も風になびかない
No Flag Flutters in the wind

首ふりの扇風機の風によって一斉にはためく銀色の旗。
パッと見綺麗ではあるのですが、なんとも言い難い不思議な感じがします。

タイトルは”風になびかない”

旗は風には吹かれて揺れているのですが、屈せずに立ち続ける。
私は困難に立ち向かうの姿が思い浮かびました。



展示数自体はさほど多くなかったのですが、映像作品を全部見ていると結構長時間楽しめると思います。

飽きなければ・・ですが。

しいて気になるとすれば、会場内でいくつもの映像作品を上映しているので他の作品の音が聞こえすぎるといったところでしょう。

今回のテーマの故郷をめぐる現代美術。
感じたのは中東など紛争地域を故郷に持つ人々。

日本人の私としては、今度は日本の故郷を感じる現代美術も見てみたいと思いました。

-岐阜県, 美術館
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

岐阜県美術館 印象派展

岐阜県美術館 印象派展

印象派~夢幻美の使途たち-世紀末の巨匠たち~ 岐阜県美術館は最近ごぶさたしていましたが、印象派の企画展が開催されていたので行ってきました。 お目当てはギュスターヴ・モロー、エドヴァルド・ムンク、アルフ …

能郷白山5

能郷白山に登山 紅葉と神事

能郷白山に登山しました。 場所は岐阜県と福井県の県境。 選択コースは温見峠ルート。頂上は1617m、登山道は2.4kmです。 今回偶然に、山頂の社で行われる神事に立ち会うことができました。

墨俣の桜並木

墨俣のさくら

年度末で長期出張生活から開放され、ようやくまともな休みがとれました。 気づけば桜が満開の時期。今年は開花が早いです。 墨俣の桜を鑑賞。 自宅から近く、車で行けるので比較的よく行く場所です。

DSC_1347

谷汲山 紅葉の東海自然歩道を行く

谷汲山と横蔵寺。 紅葉で有名なこの2箇所を結ぶ東海自然歩道。 谷汲山に車を停車し、横蔵寺までハイキングです。 撮影日:2013年11月24日

マルク・シャガール展オブジェ

岐阜県美術館 マルク・シャガール展

マルク・シャガール~愛をめぐる追想像~ さて、岐阜県美術館 開館30周年記念で開催されるマルク・シャガール展。 岐阜県美術館は何度も訪問していますが、記念だけのことはありいつもより力が入ってました。 …