わたしは いつも わたしでしょう.

東海三県を中心とした訪問記録や独学ピアノなど 活動の記録です。

rapurim

展示会、イベント 愛知県

名古屋モーターショー2017 トヨタ・レクサスブース

投稿日:

名古屋モーターショー2017
トヨタとレクサスブースです。
地元開催ですが、レクサスブースの内容は少々寂しい気がします。
撮影日:2017年11月24日(土)

名古屋モーターショー トヨタブース




TOYOTA

名古屋モーターショー2017 トヨタ受付嬢



名古屋モーターショー2017 トヨタ受付嬢

トヨタブースです。
コンパニオンさんのコスチュームは白。
いい笑顔です。



CROWN CONCEPT

CROWN Concept
次期クラウンのコンセプトモデルです。
クラウンはどんどんスポーティなエクステリアになっていきますね。
いかにも早そうな感じです。

ですが、私の中のクラウン像は四角のヘッドライトのイメージが強いです。
若者向けの車ではないので、もう少しクラシックな雰囲気でも良いと私は思います。



GR HV Sports Concept

GR HV Sports Concept
ハイブリットスポーツのコンセプトカー。
エアロトップが売り。
特段格好いいとも思いませんでした。。



Tj CRUISER

Tj CRUISER
FJクルーザーの後継として出てくるでしょうか。
今回のトヨタブースの中では一番魅力を感じた車です。



Tj CRUISER

荷物をガンガン積んで遊びに出かけたら楽しそう。



TOYOTA CONCEPT-愛i RIDE
TOYOTA CONCEPT-愛i RIDE
車というか、全体的に玩具っぽい雰囲気がします。



TOYOTA CONCEPT-愛i
TOYOTA CONCEPT-愛i
この2台の「愛i」というコンセプトカー。
未来の車という感じですが、特別興味を惹かれなかったです。

「自分で運転するぞ」という雰囲気がまったくしないからでしょうか。
もし自動運転になったら車の外観はどうでも良くなるかもしれませんね。



TOYOTAブース

今回のトヨタブースは個人的にはちょっと興味に欠ける感じでした。
メインのコンセプトカー愛iが結構こじんまりしていたので、もう少し迫力のある車を見たかったです。



名古屋モーターショー2017 トヨタコンパニオン


LEXUS

名古屋モーターショー レクサスブース

すっかり日本でも定着した感のあるレクサスです。
市販車のみの展示でした。
恐れ多くて入れないレクサス店ですので、レクサスの高級車を身近で触れられるのはいい機会です。



名古屋モーターショー2017 レクサスコンパニオン

レクサスのコンパニオンさんの決めポーズ。



名古屋モーターショー2017 NX300

NX300
レクサス独特のスピンドルグリルも最初は違和感しか覚えませんでしたが最近は多少慣れてきました。



名古屋モーターショー2017 LS500h

LS500h
レクサスのフラッグシップモデルLSの新型です。
迫力のフロントマスク。

ただ、モーターショーで初代LSを見たときほどの感動はありません。
あの時は、L-finesse(エルフィネス)という表現を使っていて、シンプルだけど外観のツヤというか面構成がとても美しくて凄いと思ったものです。
簡素で美しい、日本の美という感じでした。

スピンドルグリルになってからは、ケバケバしい感じがします。
好みの問題ですが、やっぱり初代が好きでした。



名古屋モーターショー2017 LS500h



レクサスLS500h 内装

内装はさすがのクオリティ。



レクサスLS500h 内装

気になったのは頭上のクリアランスと前方の視界。
クーペ的なスタイルでスポーティーな魅力は増したのですが、私はちょっと閉塞感を感じました。
高級車なのでもっと広々とゆとりのある室内空間があるといいなと、買えない人間の戯言です。



名古屋モーターショー2017 LC500

LC500
新型のLSよりも目立っていた、赤いLC500です。
個人的にはレクサスの中では一番です。



LC500 内装



LC500 内装

インテリアもLSよりこちらのほうが好みです。
結構すごい色使いなのですが、スポーティカーはこれぐらいで丁度いいのでしょう。
庶民的な服装で乗っては様にならない。
やはり乗る人を選ぶ車だと思います。



さて、敷居が高いレクサス車のシートに座れてとても満足しました。

が、作業服姿で通勤するブルーカラーの私には遠い車。
AIが普及したらブルーカラーの人間が日の目を見る時代になるかもしれない。

-展示会、イベント, 愛知県
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

えびせん家族

高浜市の観光ついでに外せない「えびせん家族」の”こわれせん”

両親は日帰り旅行で京都、相方は友人と兵庫へ。 一人取り残された私は家でじっとしている・・と気がめいるので美術館へ。 今回の目的地は高浜市のかわら美術館。 そして高浜市周辺に行くとかならず立ち寄るせんべ …

2000GTフロント

トヨタ博物館 展示車説明コースに参加

年に1回以上はお邪魔しているトヨタ博物館です。 定期的に行くと展示車やレイアウトが変わってますので、何回でも行く価値はあります。 今回は、たまたま到着時に女性ガイドさんによる館内案内がスタートしました …

イナッピー砂像

稲沢サンドフェスタ2012

稲沢サンドフェスタを覗きに行きました。 開催場所は稲沢市祖父江町のワイルドネイチャープラザです。 イベント内容自体は去年とさほど変わってませんが、砂像は毎年趣向をこらしたものが出で来るので興味津々です …

天王川公園 藤祭り 逆さ藤?

天王川公園 藤祭り。見所は美しい花と亀?

愛知県では、曼荼羅寺の藤と双璧をなす津島天王川公園の藤です。 本当かうそか、東洋一というふれ込み。 長方形の藤棚一面にぶら下がる藤の花。 藤の下は水場で、逆さ富士ならぬ、逆さ藤。

曼陀羅寺 藤ライトアップ3

曼陀羅寺 藤のライトアップ。写真撮影が難しすぎる。

愛知県江南市の曼陀羅寺(まんだらじ) 藤の花で有名で、結構な観光客が訪れます。 結構な前に訪れて以来、久方ぶりの来訪です。 今回は夜。ライトアップで藤を見るのは初めてです。 一眼レフ初心者(半年ぐらい …