わたしは いつも わたしでしょう.

東海三県を中心とした訪問記録や独学ピアノなど 活動の記録です。

rapurim

岐阜県 登山、ハイキング

上高地ハイキングと新穂高ロープウェイへ

投稿日:2015年8月4日 更新日:

お盆より早めの夏休み。
前から行ってみたかった上高地へ。
平地はうだるような暑さですが、上高地は快適に過ごせるのか。
新穂高は二回目です。

上高地




上高地



上高地



あかんだな駐車場にマイカーを止めてバスで出発。
河童橋より手前の大正池でバスを降りて、ハイキング開始!

降りて早々、景色がすごく綺麗で感動する。
そして木陰に入れば非常に快適です。さすが避暑地だ。

歩き出すこと15分。早々に、河原でおにぎりとカップラーメンで昼飯を済ましてハイキング本番です。



焼岳



焼岳説明板

そのうち登ってみたい焼岳。



田代池



田代池

田代池。鴨が泳いでました。



上高地

植物もいいけどやはり水の綺麗さが一番。



猿との遭遇

猿との遭遇。
こちらを振り向かずのらりくらりと立ち去ってゆきました。



河童橋

河童橋に到着
ハイキング目的で来ましたのでさらに奥の明神池まで行きます。



河童橋より



上高地から見る山々



明神池



明神池

明神池に到着
結婚式が挙げられるそうな。
そして相方に言われて気づきましたが御朱印帳がない。
・・紙でもらって帰ります。



さて上高地は多くの人が訪れる観光地だけあったやはり景色は素晴らしいです。
道中も高低差があまりないので、ハイキングも比較的楽ですしね。
楽とは行っても今回、3時間歩いたので足に疲れはきましたが。



今回は日帰りでなく、お泊まり。
今夜のお宿は、上高地ではなく、平湯の匠の宿 深山桜庵
上高地の帝国ホテルへのあこがれはあったのですが、
(風立ぬを映画館で2回見た私)
帝国ホテルはあきらめました・・(ぇ値段的に。



深山桜庵



深山桜庵



飛騨牛



炭火焼でいただく飛騨牛

部屋は和モダンな造り。

マッサージチェアが置いてあり、ハイキング後とあって大活躍。
部屋風呂は写真は撮りましたが結局入ってないという。

貸切風呂も結局利用してないな。
まぁ大浴場、露天だけで私は十分満足。

そして
肉と生ビールがあればそれだけで満足だ。

翌日は奥飛騨方面の旅行では鉄板コース。
新穂高ロープウェイへ。

新穂高ロープウェイ



新穂高ロープウェイ



新穂高ロープウェイ展望台

絶景かな。

しかし前回に来たときもそうでしたが、雲がかかっていて上のほうが見えない。
冬場の空気の澄んだ時期にまた来てみたいと思う。

今回、行きは東海北陸道にて高山経由で来ましたが、帰りは新穂高から安曇野に立ち寄り桃狩りをして松本方面から帰りました。

次にここに来るときは白骨温泉に泊まりたい。


-岐阜県, 登山、ハイキング
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

墨俣の桜並木

墨俣のさくら

年度末で長期出張生活から開放され、ようやくまともな休みがとれました。 気づけば桜が満開の時期。今年は開花が早いです。 墨俣の桜を鑑賞。 自宅から近く、車で行けるので比較的よく行く場所です。

田園フェスタ

いちのえだ田園フラワーフェスタ2011

羽島インターへ向かう田園道路を走っていたところ、花畑が目に飛び込んできました。 せっかくなので隣にある浄化センターの駐車場に車を止めて見学。 いちのえだ田園フラワーフェスタ コスモス2011というもの …

月見の森にある赤い橋から景色を望む

海津市 月見の森にて写真撮影

GW中の激混みの高速道路を通って観光・・する気も起きず困ったときの「月見の森」という感じで行ってきました。 ハイキングをして水晶の湯に入ってバスで降りるという私の中の定番コースです。

津屋川堤防の彼岸花

津屋川の彼岸花 駐車場は大丈夫?

津屋川堤防の彼岸花 岐阜県海津市の津屋川堤防沿いに咲く彼岸花を鑑賞してきました。 撮影日:2017年9月24日

Art Award IN THE CUBE2017

Art Award IN THE CUBE2017で写真撮影

岐阜県美術館にて開催のArt Award IN THE CUBE2017 写真撮影がOKとのことで、作品を鑑賞しつつ全力で撮影してきました。