わたしは いつも わたしでしょう.

東海三県を中心とした訪問記録や独学ピアノなど 活動の記録です。

rapurim

愛知県 美術館

マリー・ローランサン展  三岸節子記念美術館

投稿日:2012年2月19日 更新日:

マリー・ローランサンとその時代展~巴里に見せられた画家たち~
マリー・ローランサン美術館は閉館してしまいましたが、地元でローランサン展が開催されることになり行ってきました。
一宮市市制90周年記念事業だそうです。

三岸節子記念美術館




三岸節子記念美術館入口



ローランサン展



ローランサン写真

絵画は以前にマリー・ローランサン美術館で見ていますが、あらためて見ても美しい。
淡い色が印象的で、写実とはまったく正反対の印象的な絵画です。

女性の絵が数多く描かれています。
絵によっては犬や馬、ギターなども描かれていますが、あくまで主役の女性を引き立たせるためのオブジェ的な扱いに見えます。

女性の服はシンプルですが、帽子、髪飾りやスカーフなどと組み合わせることにより、華やかな印象に感じます。
描かれている顔はどちらかといえば無表情に見えるものが多いように思えますが、それが絵を軽薄に見せず引き締めているようにも思えました。
私が気に入ったのは次の4点です。

  • 犬をつれた若い女
  • 羽飾りの帽子の女あるいはティリアあるいはタニア
  • 扇を持つ若い女
  • 三人の若い女

2Fでは、ローランサン以外の画家の絵が多数展示されていました。
他の画家の絵を見て、まず感じたのは、ローランサンの絵は独創的だなということでした。
同フロアに藤田嗣治(ふじたつぐはる)の絵画もありましたが、同様に独創的。
独特な絵風というのは印象に残りやすいです。
また、児島虎次郎(こじまとらじろう)の絵画も印象的でした。

  • 裸婦と椿
  • 和服を着たベルギーの少女

さて文章だけでは分りづらいので、わたしの持っているローランサンのポストカードを写真撮影。
※展示内容とは異なります。



ローランサン


三岸節子美術館ということで・・
三岸節子の絵画の中では「さいたさいたさくらがさいた」がもっとも私は印象的です。
美の巨人たち 三岸節子
その人の生き様を知った上で見る絵画は、単に眺めるだけとは異なった見方あると思います。

さて、地方の美術館ですので、今回のような有名画家の展示会はなかなか開催されません。
地元の人はチャンスですよ。
2012年3月11日(日)までです。

-愛知県, 美術館
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

祖父江イチョウ黄葉まつり_祐専寺前の通り

闇夜に光るイチョウの葉、祖父江イチョウのライトアップ。夜の駐車場は?

第21回祖父江イチョウ黄葉まつり イチョウ黄葉まつりのライトアップを撮影してきました。 地元民なので、イチョウの木自体は珍しくもなんともないのですが、ライトアップは珍しいので時間があれば撮影しにいきま …

デリカD-POP

名古屋キャンピングカーフェア 2015 Autumnで写真撮影

名古屋キャンピングカーフェア 2015 Autumn 見てきた感想は、ちょっといいと思ったら手が出ない価格でした。 いいものは高いですね。

稲沢_大塚性海寺あじさい6

稲沢市あじさい「大塚性海寺」で写真撮影

毎年稲沢市で開催される「稲沢あじさいまつり」 今回の目的は写真撮影です。 メインイベントのお祭りがやっていないタイミングで訪問しました。 撮影日:2017年6月17日

磯野宏夫展

磯野宏夫展~稲沢市荻須記念美術館~

磯野宏夫展-生命・緑の輝き- 磯野宏夫展の地元、稲沢市の荻須記念美術館で開催された展示会に行ってきました。 私も地元民です。 開催期間:平成27年7月18日(土)~8月16日(日)

サンチャイルドNo.2

あいちトリエンナーレ2013で写真撮影

あいちトリエンナーレ2013 今回行った場所は、愛知芸術文化センター。 目的は鑑賞兼、写真撮影です。