わたしは いつも わたしでしょう.

東海三県を中心とした訪問記録や独学ピアノなど 活動の記録です。

rapurim

展示会、イベント 愛知県

名古屋モーターショー2013輸入車編

投稿日:2013年12月28日 更新日:

名古屋モーターショー2号館 輸入車ブースの写真撮影記録です。
車メーカーでなくディーラーの展示の為、派手さには欠けますがなかなか楽しめました。
撮影日:2013年12月15日

名古屋モーターショー輸入車ブース




Maclaren

最初にマクラーレンですが、車からオーラを発していました。

カーグラTVや、おぎやはぎの愛車遍歴に登場して、搭乗者皆が乗り心地に驚いていた車です。
その乗り心地に興味がありますが、乗れることはないでしょう。



Maclaren

後ろ姿も格好いいです。
時期NSXはこの車を超えることができるのか?



AMG

AMGのSLSです。
非常に強い押し出し感。

ラグジュアリースポーツクーペというジャンルでしょうか。
日本車は性能を追求するとしゃれっ気がなくなる気がします。

その点、輸入車はいい所ついてると思いますが、庶民に買える車ではありません・・



audi

アウディは力を入れたブースでした。
私のイメージは、ベンツ、BMWよりも都会的でカジュアルな服装で乗るのが似合わない感じ。

A1やA3は、なんとか手が届きそうな気もしますが、自分には似合わない気がしています。



jeep

きれいなお姉さん3人の登場と共に群がる人達。
コンパニオン効果恐るべし。
ジープの顔を入れたい私は、横から撮りました。



lotus elise
ロータスエリーゼ。
公道を走るレーシングカーです。

装備はものすごく簡素、でも値段は500万円オーバーの趣味車。
軽オープンスポーツカーが日本にマッチしている気はします。

だからこそ、このエリーゼに乗るということは特別なんでよね。



miniの上にアヒル

MINIは屋根上に何か乗っけるのが好き?
レッドブル・ミニは街中で見かけたことがあります。

ここではアヒル?
非常に目立っていました。
でも上が大きすぎて写真には撮りづらいです。



くまもんMINI

初めて写真で見た時すばらしい発想だと思った「くまもんMINI」
デザインが違和感なくまとめ上げられていますね。



Mini Crossover

ミニクロスオーバー。

内装のデザインは日本車にはないもので、外観スタイルも好きです。

これを6MTで運転したら楽しそう。
でもちょっと高いんですよねこの車。



V40クロスカントリー

こちらもちょっと気になる車。
ボルボのV40。クロスカントリーの方です。

内外装のデザイン的には、同じCセグメントクラスのベンツAクラス、ゴルフⅦ、アウディA1 etcの中でもっとも好み。
一度試乗してみたい一台です。



Porsche



vw_Beetle



さて、同じ丸目の車ですが、どちらがお好みでしょう。

私はビートルですね。

-展示会、イベント, 愛知県
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

レオ・レオニ 絵本のしごと

刈谷市美術館 レオ・レオニ 絵本のしごと

レオ・レオニ 絵本の仕事 刈谷市美術館にてレオ・レオニ氏の原画を鑑賞です。 刈谷市美術館には過去数回訪れたことがありますが、過去に見たことのない盛況ぶりでした。 開催期間:2014年4月26日(土)~ …

ワイルドネイチャープラザ彼岸花

サリオパーク。木曽川のほとりで見る「彼岸花」

サリオパーク祖父江の国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ その川岸の遊歩道にて彼岸花が楽しめます。

須ヶ谷川桜づつみ散策道

稲沢市桜ネックレス 須ヶ谷川桜づつみ散策道

稲沢市平和町にある桜の名所は、通称として桜ネックレスと呼ばれています。 今回はその一部、須ヶ谷川桜づつみ散策道 にて写真撮影です。 撮影日:2016年4月4日(月)

メッセ名古屋2017

メッセ名古屋2017 異業種すぎる展示会

メッセ名古屋2017 日本最大級の異業種交流展示会です。 私の勤める会社も以前に出展したことがあります。 撮影日:2017年11月11日

木漏れ日に輝く彼岸花

ワイルドネイチャープラザ祖父江の彼岸花

ウォーキングで祖父江緑地に来た流れで隣にあるワイルドネイチャープラザにも足を伸ばします。サンドフェスタが迫っており、砂像を制作している人もいました。 園内の奥に進んでいくと木陰に赤い花が。それは彼岸花 …